キャッシングの金利について

キャッシングの金利とは?

キャッシングの金利について

キャッシングを利用する際によく考えておかなければならないことがあります。 それは、10万円借りたら10万円以上返済する必要があるということです。

というのも、借りたお金に対して金利が発生するからです。

ただ、キャッシング会社のホームページなどを確認した際に、金利が○%~○%という形になっていて、結局自分がお金を借りた時には何%の金利が適用されるのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

キャッシング業界では、金利は実質年利という形で表現されることが多いのですが、これは手数料などを含んだ数字となっています。

金利については、各業者が好きなように勝手に決定していいわけではありません。 利息制限法という法律があり、その法律によって認められる範囲内で金利を設定する必要があります。

ただ、これはあくまでしっかり法律を守っている業者にとって言えることなので、ヤミ金などの悪質な営業を行っている貸金業者の中には法律違反となる高い金利を取っているところもあるので注意しなければなりません。

いくらまで金利を設定することができるのかというのは、借金元金によって異なります。 10万円未満であれば20%、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%までが利息制限法における利息の上限となっています。

ほとんどの業者では上限金利を18%程度に設定しているのですが、下限金利は大きく異なる場合が多いため、よく確認しておいたほうがいいですね。

この金利については、ほとんどの業者が○%~○%という形で幅を持たせた表現をしています。 しかし、下限金利がいくら低かったとしても、自分が借りた時にそれが適用されなければ意味がありませんよね。

A社では10.0%~18.0%で、B社では5.0%~18.0%だったとしても、下限金利が低いB社で借りたほうがお得だとは限らないのです。 自分がキャッシングする金額ではどの金利が適用されるのかを理解しておくことが大切です。