キャッシングと銀行カードローン

借り入れと返済をスムーズにできるのがポイント

キャッシングと銀行カードローン

キャッシングローンの種類はいくつかあります。銀行カードローンもそのひとつです。銀行や共同組織金融機関がメインとなった企業が発行するカードを利用してのキャッシングシステムとなります。

キャッシングの方法ですが、まずは銀行、共同組織金融機関と契約をし、借りられる金額を決めます。その後はATMなどを使って融資を受ける流れとなりますが、融資を受けることの出来るATMは各銀行などが用意したものだけではなく、提携中の金融機関が準備したものでも利用が出来るのが一般的です。

融資を受ける際だけではなく、お金を返す時にも利用できますので、借り入れと返済をスムーズにできるのもポイントでしょう。

個人向けカードローンである銀行カードローンを分類すると、二つに分けることが可能です。まずは契約する際に担保が不要な「無担保ローン」。もうひとつは、担保として不動産や有価証券などを当てることで、ローンを利用する「有担保ローン」です。

どちらの借り入れ方法も、利用目的を決めない「自由に使える」ローンですが、一部例外もあり、会社運営のために充てることは基本的には不可とされています。

銀行カードローンのメリットというのは、他のキャッシング会社である消費者金融やクレジットキャッシングなどよりも低金利になっているということでしょう。

利用者の勤める企業によっては、メインバンクの総合口座の他にも、カードローンも所持することができますので、一般的なカードローンよりも更に金利を抑えた状態で融資を受けることが可能です。

利用している銀行などによってはカードローンを活用することで、その銀行が提供するサービスを受けられる可能性もあります。詳しいことは各銀行などの金融機関に問い合わせるのがいいでしょう。

とはいえカードローンを利用したキャッシングであれば全て安心というわけではありません。金利のメカニズムが消費者金融などの貸金業者とは異なる「変動金利性」というやり方を取っていますので、決まった期間で金利のチェックがされます。

そうなると一番始めに融資を受けた際よりも、金利が変わることで利用者の負担が増えることもあるようです。