美白化粧品の選び方

美白化粧品 → 肌荒れの原因にならないための美白化粧品選び

肌荒れの原因にならないための美白化粧品選び

毎日使う洗顔料や化粧品、乳液、保湿クリーム、クレンジングなど、きちんと選んでいる自信がありますか? 自分の肌に毎日つけるものだからきちんと納得して選びたいものです。肌荒れの原因となるものをできるだけ避けて、自分の肌に合うものを選びましょう。
コラーゲンを摂取して肌のハリ対策を!

まず、肌荒れの原因として一番に考えられるのは「界面活性剤」です。 化粧品のほとんどには合成界面活性剤という石油由来の原料が含まれています。 この成分は、水と脂を滑らかに混ぜ合わせて汚れをスムーズに洗い流したりする働きがあります。

しかし、この洗浄力の強さが皮膚に刺激を与え、皮膚のバリア機能を破壊するといわれています。 そうはいっても、ファンデーションを使ってメイクをしている場合には、クレンジングと洗顔の、いわゆる「ダブル洗顔」が必要になります。 ただし下地クリームにおしろいくらいなら洗顔料だけで十分落とすことができます。

クリームやジェル、オイルなど、クレンジングにはいろいろなタイプがあります。 その中でも比較的肌に優しいといえるのは、洗い流せるクリームタイプです。 手軽に使えるという理由で人気のシート状や、ふき取るタイプのものは擦ることで肌への負担が増しますし、防腐剤が入っているので緊急の時以外は使わない方がいいようです。

洗顔料は肌の脂汚れをしっかり落とすことを目的に選びましょう。 潤い効果をうたったものや美白効果があるという洗顔料も最近はありますが、そういった成分は洗い流されてしまう運命にありますから、あまり意味はありません。 むしろ余分な成分を含まないものが最適です。

化粧水や乳液、美容液、保湿クリームは、洗顔後やメイク前に肌を整えるために使いますが、もし肌に合わない場合、逆効果ですぐに肌荒れを起こしやすくなります。 潤いを持たせるために使ったのに、かさついたり、赤くなったり、湿疹ができた場合、即刻使用を中止しましょう。

また、ずっと同じ化粧品を使っていても、ホルモンのバランスや加齢などで、急に肌に合わなくなってしまうこともあるので、何となく肌の調子が悪い時には、こうした基礎化粧品を疑ってみましょう。


レーザー治療後は美白の強い味方!

レーザー治療は今物凄く進化しているんですよ。 波長も種類もたくさんありさまざまな治療に用いられています。 現在レーザー治療は美白を目指す、美白をキープするのにとても有効的な治療となっているのです。

ホクロやイボには炭酸ガスレーザー、あざだってレーザーで簡単に治療できます。 しかもメラニン色素に作用するからシミだって簡単に消せてしまうので美白になりたい人におすすめです!

また、レーザー治療は施術が終わった後包帯をしたりする必要がないのでそのまますぐにお化粧をすることができます。 そのためとても気軽に受けられる手術なんです。

もちろん、治療前にはきちんとカウンセリングを行いますし、安心して受けることが出来ますよ。 一時的に火傷したような状態になりますがそれも万全な紫外線対策をすれば問題ありません。 最初は赤くなりかさぶたができると思いますが一時的なものでありその後綺麗な美白を手に入れることができます。

手術後は麻酔の影響で白くなってしまいますがそれも2時間ほどで収まるので女性なら化粧で隠せますし問題ありません。 赤みやかさぶたは1週間ほど経つと目立ってきます。 しかしこれは美白になろうとしている途中ですので紫外線対策をしていれば安心して大丈夫です。

半年ほど経過すればしみが無くなり赤みも引いて綺麗になります。 平らなしみはもちろんですが、肌が盛り上がってしまうほどのしみでもレーザー治療なら綺麗になります。 なので憧れの美白を諦める必要がありません。

しみだけでなく範囲の広く濃く残ってしまったあざもレーザー治療なら6ヶ月程度で綺麗になることができます。 顔だけでなく全身を白く綺麗にできますので綺麗な美白肌を目指したい人はレーザー治療も是非視野にいれてみてはどうでしょうか?

色素沈着によるコンプレックスを持っていてもレーザー治療なら出血することなくそして安全で確実に綺麗にすることができます。 是非コンプレックスを解消して綺麗な美白を目指してくださいね。